不動産投資で投資デビュー【初心者でも簡単投資】

賢明なマンション選び

新築マンションは、すぐに新築の価値がなくなり、また、立地条件が悪い場合がありますので、不動産投資マンションは、立地条件の良い中古マンションにすることが賢明な判断です。設備等が古い問題は、リノベーションを施せば解決します。

もっと詳しく

観光立国を目指して

京都への不動産投資はいろいろな制約があるので難しい面もありますが、海外からの観光客誘致にとって重要な位置にある京都での不動産開発は不可欠です。景観との調和を第一に考えて京都での不動産投資を行う必要があります。

もっと詳しく

不動産投資を相談する

売却時の想定を確認する事

不動産投資に関して具体的な物件についての相談をする際に、信頼のできる相手か否かを判断するポイントは、その投資物件を売却する際の想定をどの程度提示してくれるかで判断する方法があります。 不動産投資はとかく、初期費用と当初の想定家賃、それに伴う利回りの話が中心になりがちですが、投資物件は永遠に借り手がつくわけではありません。古くなって借り手がつかずに、売ろうにも売れない、ということになる前にどの時期に幾らくらいで売却出来そうな物件か、も見越して家賃も設定することが重要なのです。 相談に乗ってくれる人が利害関係のない第3者であっても、売却時のことを念頭に置かずに話すようでは、最大の懸案を棚上げしていることになります。買い手のことを考えてくれているなら、買い手が何も言わなくても売却の想定について聞いてくれる人が、買い手のことを考えて相談に乗ってくれている人と言えます。

予め自ら損益を資産を行う

不動産投資の相談をする際に工夫しておくべきことは、購入を検討する物件がある場合、月々の支出であるローンと管理費用の支出と、賃料収入、そして自分なりに何年後に幾らくらいでその物件の売却ができるかを想定し、予め収支のプランを作成しておくことです。 それを提示して不動産投資の相談をすれば、相手も具体性のある回答がしやすくなりますし、逆に言えば、物件の営業担当が言いくるめようとしているだけなのか、しっかりとしたプランを持ち、買い手とウィンウィンの関係を構築することを目指している人なのかの見分けもつけられやすくなります。 不動産投資は現状、空室リスクも管理もすべて担ってくれる形で営業をしている業者も多くあります。それならば一見リスクは無いようにも思いますが、最大のリスクはいずれ売却する際に、いくらで売れて、トータルで収益が残る想定が立てられるかなのです。従って、そこまで踏み込んでくれる方かどうかを見極めて相談をすることが重要なのです。

効果的に運用する

不動産投資において、投資用ワンルームマンションの購入は、調達コストが低かったり、斡旋業者が多く、それらの業者がマンション管理や空室リスクを担保してくれるなどの利便性もしっかり考えましょう。

もっと詳しく

↑ PAGE TOP